京極家臣団 – 京極氏遺跡(きょうごくしいせき)とは

宮津藩本荘家の家臣団. 宮津藩本荘家の家臣の履歴は、京都府立総合資料館において古文書(宮津藩文書)が一般に公開されている。 歴代藩主 京極家. 外様 12万3千石→7万8千石 (1600年 – 1666年) 高知(たかとも)〔従四位下、丹後守・侍従〕

Jan 25, 2009 · 京極高次 きょうごくたかつぐ 1563~1609 京極高吉の男。通称小兵衛。官途は若狭守・近江守。羽柴京極侍従・大津宰相とも。母は浅井久政の女。1570年父とともに岐阜に信長を訪ねて采地を給わる。恐らく幕臣としての性格を強めていた高吉も信長

一方、京極氏が先祖代々の本拠であった江北を浅井氏に乗っ取られた頃、出雲国では一族で守護代をつとめていた 尼子氏が戦国大名化し、最盛期には中国を併呑する勢いをしめした。

六角(近江守)家の家臣団<六角家歴代当主>六角久頼(*~1456*57)近江守。六角満綱の息。1445年守護・持綱が弟の時綱により討たれ、1447年久頼は還俗し、久頼が時綱を討伐。京極持清・政高親子と近江守護職を争う。1456年10月京極高清の圧力により自害。

Aug 01, 2019 · 小谷落城の後、信長・秀吉陣営にくだり、・・・・・・その後、紆余曲折の上、その一部が、上記の京極家家臣団に組織されたと考えるべきなのでしょう。 それにしても、膨大な数で、各集落の長にしては多すぎます。

明智光秀の一門衆や家臣団など、明智家臣を一覧リスト・一覧表としてまとめてみました。各武将の詳細に関しては、リンク先にて詳しくご紹介もさせて頂いております。基本的に「あいうえお」順にて記載させて頂いております。

浅井氏家臣団. 浅井氏の家臣団は元々浅井氏の家臣であった譜代系である田辺氏・保多氏・矢野氏・遠藤氏らのほかに、かつて京極氏家臣団の頃に同格であった赤尾氏・海津氏・小山氏・三田村氏・八木氏・布施氏・今井氏・磯野氏・阿閉氏などの名前が

主な根拠地: 近江国

浅井氏 浅井氏家臣団 浅井氏の家臣団は元々浅井氏の家臣であった譜代系である田辺氏・保多氏・矢野氏・遠藤氏らのほかに、かつて京極氏家臣団の頃に同格であった赤尾氏・海津氏・小山氏・三田村氏・八木氏・布施氏・今井氏・

六角家 には、「六角六宿老」 と呼ばれる結束の固い家臣団があった。 が、あまりにも家臣達の結束が固すぎて、当主である 六角承禎 や 六角義治 の権力が弱く、意見が通らない事が多かった。

先祖が丸亀藩の家老で明治時代には爵位をもっていたらしいのですが、持っていたとすれば男爵でしょうか?教えてください。 霞会館という旧華族の団体があります。そこで判るかもしれません。

Read: 4036

尚、八郎左衛門は、家中騒動に際して、生駒家を立ち退いた。他にも、高屋、林田、福家氏等、いま一人の讃岐守護代香西氏の家臣たちが含まれている。所属の家臣団は、生駒氏一門衆旗下の大番組と違い、同一氏族に集中していない。 上坂勘解由組

京極氏は、仁治2年(1241)に近江守護佐々木信綱の四男 氏信 が、愛知川以北六郡を与えられたのが始まりです。 当初、近江における拠点は柏原館(米原市清滝)でしたが、戦国時代の幕開けとなった応仁文明の乱(1467~77)以降、北近江の戦国大名として歩み始め、これに伴って館と家臣屋敷

六角家臣団近江守護六角氏(佐々木判官家・佐々木備中家・佐々木近江家)、六角一族河端(八幡山)氏、愛智氏、山内氏、鯰江(毛利)氏、種村氏、野村氏、池田(村井)氏、駒井氏、高宮氏、坂田氏、大原一族大原氏(佐々木備中家)、春照氏、白井氏、高島一族高島氏(佐々木越中家

京極高次(きょうごく-たかつぐ)は北近江の守護・京極高吉の嫡男として1563年に生まれました。幼名は小法師です。母は浅井久政の娘・京極マリアです。生まれた城は、なんと「小谷城」の京極丸で、当時の浅井家当主は浅井長政です。

細川忠興、豊後へ / 京極高次・高知兄弟、若狭・丹後を拝領 / 八条宮室京極常子. 第二節 三領分立と寛文騒動. 一 三領分立と京極家臣団 19. 丹後国惣検地 / 三領分立と京極総領家 / 宮津城の再建 / 家臣団の構成. 二 寛文騒動と京極家の改易

特に京極氏は北近江三郡の守護として、柏原(米原市柏原)や上平寺城(米原市上平寺)を拠点として当地を治めていた。 しかし、大永3年(1523)に至り、京極氏の兄弟間での争いやその家臣団内での争いが契機となって、北近江は戦乱においちった。

品川歴史館紀要 品川歴史館紀要は品川歴史館でのみ販売しています。 在庫がない場合がございますので、あらかじめ品川歴史館(電話:03-3777-4060)に在庫確認を行われますようお願いいたします。

『京極氏家臣某覚書抜萃』,東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。専門分野は、哲学と歴史学 12月1日東京都吉祥寺の生まれ。今はトトロの森(狭山丘陵)の近くに住む 哲学の基本は「常識を疑え」。今は『弱者の進化論』を準備中 歴史学でも、常識を疑う哲学を実践中。

城館は、大永3年(1523)の国人一揆により落城するまで、戦国大名の城館として北近江の政治・文化の中心として機能したのである。京極氏遺跡は、京極氏館跡、上平寺城跡、家臣団屋敷跡及び山岳寺院を軍事的に取り込んだ弥高寺跡から構成される。

松江藩の家臣団 徳川氏一門として出雲へ入国した 松江直政 は前領地信濃松本藩より大きく知行を増やします。 直政が功臣として重用したのが、乙部氏・三谷氏・神谷氏・柳多氏・朝日氏・大橋氏です。のちに代々家老と呼ばれます。 大幅な加増により 松江直政 は前藩主京極氏の遺臣を多数

【四王天政孝】四王天 政孝(しおうてん・しほうてん まさたか)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。明智光秀の家臣で、通称は又兵衞または但馬守を称したとのことです。

京極夏彦さんの「京極堂」シリーズ、最新刊「鵼の碑(ぬえのいしぶみ」はいつ発売されるかご存じですか? 織田信長家臣団と軍団。織田家軍団長格の大名(諸侯)と、信長旗元安土馬廻衆(近衛軍部隊長格)の小名。

恩顧の家臣たちの争いが激化し、関ヶ原の戦いをもって、豊臣家の権勢 は失墜した。 徳川家の幕府開成後も、豊臣家は存続したが、大坂の役をもってついに 滅亡する。

大永3年(1523)の家臣団のクーデターにより、京極氏館は北近江の守護館としての機能を終えたが、上平寺城は東山道(中山道)と北国脇往還を見下ろすことができ、北近江と濃尾平野を一望できる絶好の拠点であったことから、近江と美濃の「境目の城

織田秀信の家臣。浅井家に属する佐和山城の城代百々盛実の枝連衆で京極秀綱の弟。官途は越前守。野戦、築城術に通じていた。1570年「姉川の戦い」で浅井長政が織田信長に敗れた後、織田家に仕えた。

このテキストは、サンプルのテキストです。これらのテキストを書き換えて、コンテンツを作成することも可能です。

Jan 03, 2009 · <浅井長政の家臣団>近江北半国<江北三郡・伊香・浅井・坂田郡>の戦国大名(1523~1573)。 浅井亮政 (*~1542)新三郎・備前守。浅井直種の息、本家の浅井直政の婿養子となる。1521年京極高清の守護代・上坂家信と信光親子の専横に叛

浅井氏はもともと京極氏の家臣でした。 (京極氏は室町時代に四職と呼ばれる中央政府の重職を務める名門) その家臣団の中から頭角を表したのが、浅井長政の祖父、亮政で、小谷城を築城した人となりま

家臣団屋敷跡は標高約300mに位置し、京極氏の家臣として組み込まれた北近江の国人領主の屋敷跡で、土塁をともなう屋敷群は京極氏城館の西の防御を担ったものと思われ、石垣の基底部や礎石などが発見

毛利家家臣団「其の二」 寄 組 重臣の家柄で、大組頭や手廻頭などに任命され、加判、当職「国相」、当役 「行相」などの家老職に抜擢されることもあった。 時代により異なるが、約 6 0 家があった。

このテキストは、サンプルのテキストです。これらのテキストを書き換えて、コンテンツを作成することも可能です。

家臣団屋敷跡は標高約300mに位置し、京極氏の家臣として組み込まれた北近江の国人領主の屋敷跡で、土塁をともなう屋敷群は京極氏城館の西の防御を担ったものと思われ、石垣の基底部や礎石などが発見

京極氏の家臣は「雲隠両国太守京極殿給帳」(島根県立図書館文書)に、筆頭の多賀越中一万三〇〇〇石のほか、佐々九郎兵衛一万石、多賀三左衛門二〇〇〇石、佃源右衛門三五〇石など、若狭でみられた者も含まれている。

吉政が生まれた16世紀半ばの北近江は、守護の京極(きょうこく)氏の支配力 が弱まり、代わって、その家臣であった浅井氏が多くの京極家臣団 や宮部・国友・石田などの地侍層を束(たば)ね、その支配力を強めていた のです。

京極氏遺跡は、京極氏館跡、上平寺城跡、家臣団屋敷跡及び山岳寺院を軍事的に取り込んだ弥高寺跡から構成され、その中の城館跡は標高340m余の山麓に位置しており、上平寺館若しくは上平館と呼ばれて

毛利家家臣団「其の二」 寄 組 重臣の家柄で、大組頭や手廻頭などに任命され、加判、当職「国相」、当役 「行相」などの家老職に抜擢されることもあった。 時代により異なるが、約 6 0 家があった。

[PDF]

(俸禄)を受けて家臣団の構成に組み込まれたの かを調査した。 また,対象とした史料は,松江藩主松平氏(初 代直政から七代治郷)に伝わる一次史料となる「藩 主給帳」を用いて検討し,松平氏の家臣団におけ る直信流柔道の役割と特質を明らかにする。

以上の中に出雲州衆はほとんどみえない。また、多胡氏と佐世氏は尼子氏の有力家臣であるにもかかわらず、天文9年の竹生島奉加帳にはみえない。その理由を検討しつつ各氏についてみていきたい。 (5)の牛尾氏は本来出雲州衆で、竹生島奉加帳には、惣領牛尾民部左衛門と、庶子である北氏

陶晴賢は、主君を討ちましたが、あくまでも「大内家(大内義長)の家臣」であって、「戦国大名」ではないですよね? ひとくくりで、戦国武将ということでいいんじゃないでしょうか。

このサイトは、特に武士だった家の先祖探しのため各藩の分限帳で現存しているものを書き出してあります。自家のご先祖様が属していた藩のページをご覧きご先祖様探しにお役立ていただければと思ます。

豊臣家の詳細、家臣団一覧です。センゴク!!!は戦国時代の武将・大名家の情報や、戦国時代を舞台とした映画やドラマ等に登場する歴史上の人物とそれを演じる俳優の情報サイトです。

京極氏上平館は上平寺集落の北山腹に祀られた伊吹神社の境内を最高所とし、その下段に京極氏の庭園跡が残る。伊吹神社の参道は鋭角に折れて登っていく道となっており、この参道の両脇に家臣団の屋敷跡があり、集落の入口に一ノ門跡がある。

錦小路被官・鎌倉府 約1350名 関東武士団 上杉家人名録 約2600名 上杉家臣団概略 山名家人名録 約950名 山名家臣団概略 六角家人名録 約1150名 六角家臣団概略 京極家人名録 約1800名 京極家臣団概略 赤松家人名録 約2250名 赤松家臣団概略

「譜代家臣」の用例・例文集 – また、信重期には譜代家臣団が形成されはじめていることも指摘されている。 譜代家臣の数の少なさは浅井氏の近江支配には大きな問題点であった。 天正14年、徳川氏の譜代家臣・青山忠成の四男として浜松で生まれる。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – 分限帳の用語解説 – 「ぶげんちょう」とも読む。戦国時代以降,大名が領国内の家臣団成員をその身分,家格別に列挙した名簿。江戸時代にはどの藩も行政,財政上の必要からつくったが,しばしば民間にも写しがつくられ職員録としての役割を果し

米原氏家臣はあまり知られていないのでわかる範囲で説明したい。高瀬城が落ちると城主に建部氏が置かれたが、この建部氏は建部臣から始まる氏族で古くから当地にいた者であったとみられ米原氏が入ると家臣団に組まれたと思われる。

浅井氏家臣団の構成. 浅井長政書状 下坂四郎三郎宛 長浜市長浜城歴史博物館蔵. 小和田哲男氏によれば、戦国大名浅井氏の家臣団は、旧国人領主である上層家臣と、土豪である下層家臣に分かれていたと指摘

その一方で、京極氏の勢力をしっかりと利用することも忘れていません。守護代として京極家臣を統率し、出雲国内で寺社間の領土紛争が起こると、その解決のために京極家臣団を率いて調停しています。

多賀 宗直(たが むねなお、生年不詳 – 長享元年5月1日(1487年6月1日))は、室町時代後期から戦国時代前期の武将。多賀清直の子。通称は兵衛四郎。号は大成。京極氏の家臣多賀氏の一族で多賀出雲守

内堀の跡を眺めつつ進むと、家臣団の屋敷跡が見られます。 さらに進みますと『京極氏館跡』へ到着です!! 館跡には2つの池。 池の周りにたくさんの庭石が配置されていますよ。 【戦国時代の庭園】 右奥にある巨大な石は『虎石』と呼ばれるもの

※関ヶ原の戦いの藤堂高虎・京極高知陣跡(岐阜県不破郡関ケ原町)。右が藤堂の旗。 慶長3年(1598年)8月、豊臣秀吉は死去するがそれ以前から豊臣家の家臣団は、武断派と文治派(石田三成ら)に分裂していた。 その中で、高虎は諸将に先んじて徳川家康に接触する。

(16)馬田氏は、出雲佐々木氏の一族で、佐々木泰清の長子義重からはじまる。大東庄地頭土屋氏の娘との結婚を通じて大東庄に進出して、在地の馬田を苗字とするようになった。すでに述べたように、文安元年の御番帳にも馬田三郎左衛門尉がみえている。

上平寺城(米原市)の見どころや構造、歴史や雑学、さらに地図などのアクセス情報を写真つきで詳しくご紹介します。上平寺城は別名、上平城、桐ヶ城、霧ヶ城、刈安城、刈安尾城と呼ばれています。上平寺城は 京極高次 の先祖にあたる 京極高清 が築いた城です。

[PDF]

を開催し、京極高朗が遣欧使節団の監察使(目付役)として随 行したことや、永坂昇太夫らと海を越えた手紙のやり取りがあ ったことなどを紹介した。今回の企画展でも、幕末期における 旗本およびその家臣の動向を、貴重な史料を紹介しながら明ら

亮政は浅井分家の直種の子で本家・直政の女婿となって家督を継いだと考えられる。浅井家は北近江の守護・京極家の一家臣で、亮政は京極高清に仕えた。 大永3(1523)年、高清は京極家の家督を2人の子のどちらに譲るべきかを協議するため家臣団を集めた。

兵庫県のご先祖調べ. 令制国の但馬国・播磨国・淡路国の全域と、摂津国の有馬郡・川辺郡・武庫郡・菟原郡・八部郡、丹波国の多紀郡・氷上郡に相当します。 畿内・山陰・山陽・南海の四道にまたがる面積が広い県です。 戦国期以前の兵庫県とその名字

しかし、京極氏の跡継ぎ問題で内紛が起こり、この内紛に乗じて、浅井亮政(すけまさ=長政の祖父)は、京極氏の家臣団中最大勢力を持つ、上坂信光を失脚させることに成功しました。

[PDF]

②家臣団は、町ごとに格式に応じた配置が成されており、 堀尾期にその基礎が成立。 ③重臣の屋敷地は、大手門付近から南の堀まで、さらに 水運に便利な京橋川沿いに配置。 ④水辺利用(水運、眺望、給排水など)や自然的景観に 配慮した城下町。

[PDF]

蜂須賀家家臣団成立書の 「乳人」 「老女」 はじめに 以下に紹介する史料は、徳島大学附属図書館所蔵の蜂須賀家 して仕えた女性に関して記録されたケ主に提出した史料である。

浅井家の詳細、家臣団一覧です。センゴク!!!は戦国時代の武将・大名家の情報や、戦国時代を舞台とした映画やドラマ等に登場する歴史上の人物とそれを演じる俳優の情報サイトです。