改正障害者雇用促進法 ポイント – 〈企業の法定雇用率は2.3%へ〉「障害者雇用促進法」のポイント …

障害者雇用促進法の概要

障害者雇用促進法は1960年の制定後、対象者が身体障害者から知的障害者へと範囲が広がってきました。また先の2013年の改正により、2018年からは精神障害者も雇用義務の対象です。

障害者雇用
障害者雇用促進法の改正のポイント

障害者雇用促進法で改正された点は? 障害者雇用促進法が適用されるのは、一般企業だけでなく国や教育機関などにも及びます。本記事では主に一般企業を例に、障害者雇用促進法で2018年4月に改正された点について説明していきます。

「障害者雇用促進法」は1960年に施行された「身体障害者雇用促進法」として始まった社会保障法の一つです。この法律では事業主に一定の条件で障害者の雇用義務を定め、雇用すべき障害者の数を法定雇用率で定めるなどしており、社会情勢に合わせて定期的に見直しをしています。

障害者の雇用の促進等に関する法律の一部を改正する法律(以下、「改正障害者雇用促進法」とします)が令和元年6月14日に公布されました。 本稿ではどんな内容が改正されたかについてポイントをかいつまんで解説したいと思います。

障害者雇用促進法の概要を解説した記事です。2018年の法改正のポイントや助成金・納付金の概要、対象となる障害者の定義などを、図を交えてわかりやすく説明します。障害者雇用促進法の概要を押さえておきたい人事労務担当者は必見です。

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 雇用・労働> 雇用> 障害者雇用対策> 障害者雇用促進法の概要> 平成28年4月(一部公布日又は平成30年4月)より、改正障害者雇用促進法が施行されました。. 平成28年4月(一部公布日又は平成30年4月)より、改正障害者雇用促進法が施行されました。

改正のポイント1 法定雇用率の引き上げ

民間企業の雇用障害者数が過去最高に 昨年12月12日、厚生労働省より「平成29年 障害者雇用状況の集計結果」が発表され、民間企業における雇用障害者数(49万5,795人、前年比4.5%)、実雇用率(1.97%、前年比0.05ポイント上昇)がともに過去最高を更新したことがわかりました。

障害者雇用促進法は、制定以来改正を重ねてきています。 平成25年に成立した改正法は、まだすべてが施行されたわけではなく、今後も段階的に施行されていくことになります。 これから施行される障害者雇用促進法の改正法についてポイ

2019年6 月7 日、「障害者の雇用の促進等に関する法律の一部を改正する法律」(障害者雇用促進法)が、参院本会議において全会一致で可決・成立し、同年6 月14 日に公布されました。今回の改正では、中央省庁などで、雇用する障害者数が正確に計上されていなかった障害者水増し問題を受け

公的機関の障害者雇用水増し問題を受けて、障害者の雇用を促進するために2019年6月に改正法案を可決。2020年4月1日に障害者雇用促進法が一部改正されます。改正法案の民間企業への影響と、その具体的な内容について解説します。

「誰もが活躍できる社会」を実現するため、国は「障害者の雇用の促進等に関する法律」を定め、企業に一定の割合で障害者を雇用する義務を課しています。同法は2016年と2018年に相次いで改正されており、障害者の雇用を改善しようとする動きが目立ちます。

中央省庁の障害者雇用水増し問題とは
今回の法改正のポイント
1.障害者に対する差別の禁止

昨今では、障害者雇用の水増し問題が話題になっています。障害者雇用については、企業の法定雇用率や納付金制度の仕組みなど、少々複雑な内容となっています。そこで、今回は障害者雇用促進法の概要を、新たに改正された点や守れなかった場合の罰則なども踏まえてわかりやすくまとめて

障害者雇用促進法の改正と障害のある方の一般企業への就労への道。障害のある方が持つ能力に注目が集まり、社会での活躍の場も広がっています。障害のある方の職業の安定を図ることを目的に制定された同法律。2018年4月に改正ポイントを中心にまとめてました。

改正障害者雇用促進法の重要ポイントを初心者向けにわかりやすく解説 2019.06.12. 障害者雇用促進法は1960年の制定後、対象者が身体障害者から知的障害者へと範囲が広がってきました。また先の2013年の改正により、2018年からは精神[]

2018年4月1日から新たな障害者雇用促進法が施行されました。この改正により初めて雇用義務が発生する企業もあるでしょう。企業の人事・総務担当者向けに、法改正の内容や条件など押さえておきたいポイントを解説します。

平成28年4月に新たな障害者雇用促進法が施行されます。改正後は「精神障害者」も障害者枠に入り、よって法定雇用率も引き上げに。障害者の差別禁止も加えられ、より平等に障害者と接する工夫がされています。 平成25年に改正された障害者雇用促進法が、平成28年4月から施行されます。

[PDF]

4月施行!「改正障害者雇用促進法」のポイント 民間企業の雇用障害者数が過去最高に 昨年 12 月12 日、厚生労働省より「平成 29 年 障害者雇用状況の集計結果」が発表され、民間 企業における雇用障害者数( 49 万5,795 人、前年比 4.5%)、実雇用率( 1.97

株式会社スタートラインの障がい者雇用における研究機関「障がい者雇用研究室」より、2018年4月1日(日)より施行された改正障害者雇用促進法のポイントが解説されています。 “置くだけ”社食で、イキイキ働けるオフィスづくりを目指す! 初期費用0円!

近年ではダイバーシティの観点からも障害者の活躍に期待が集まっています。また、障害者を「貴重な労働力」として考える企業も増え、障害者雇用促進法はその動き後押しするような形で改正を経てきました。法定雇用率の算定方法や、雇用・就労時のポイントについて解説します。

障害者雇用促進法の改正ポイント. 平成27年(2015年)4月~ 障害者雇用納付金制度の対象企業が拡大→対象企業の規模が従業員数100人超へ拡大(現行200人超) 平成28年(2016年)4月~ 雇用の分野における障害を理由とする差別的取り扱いの禁止

障害者の雇用の促進等に関する法律(しょうがいしゃのこようのそくしんとうにかんするほうりつ、昭和35年 7月25日法律第123号)は、障害者の雇用と在宅就労の促進について定めた法律である。 略称は障害者雇用促進法

効力: 現行法

また、平成28年4月の改正障害者雇用促進法に基づき、企業は障害者に対する差別の禁止、合理的配慮、苦情処理・紛争解決援助を求められております。詳しくは以下で解説しています。 関連:改正障害者雇用促進法の3つのポイントを詳細に解説!

今年(2018年)4月に改正された障害者雇用促進法は、(1)法定雇用率の算定基礎の見直し、(2)障害者雇用義務の対象に精神障害者を追加、が主な変更点だ。 (1)のポイントは、民間企業の障害者法定雇用率が2.0%から2.2%へと引き上げられた点だ。

[PDF]

改正障害者雇用促進法のポイント 愛知労働局職業安定部 職業対策課長 大久保欣史 2018.2.26 1

人事労務q&aには、「【2016年版】改正障害者雇用促進法、4つの変更ポイントとは?」など業務の悩みを解決する情報が満載!エン人事のミカタは【エンジャパン】が運営する、人事のための総合サイトで

改正前の障害者雇用促進法では障がい者雇用義務の対象として身体障がい者及び知的障がい者とし、精神障がい者については雇用をした場合に特例として雇用率に含めるとされていましたが、今回の改正により精神障がい者も雇用義務の対象となりました。

今年(2018年)4月に改正された障害者雇用促進法は、(1)法定雇用率の算定基礎の見直し、(2)障害者雇用義務の対象に精神障害者を追加、が主な変更点だ。 (1)のポイントは、民間企業の障害者法定雇用率が2.0%から2.2%へと引き上げられた点だ。

障害を持つ方が「より長く働けること」への注目度も高まっている。 1)障害者雇用促進法とは【概要ポイント】 〇正式名:障害者の雇用の促進等に関する法律 〇法制化年:昭和35年に定められている。 〇目的:障害者の雇用義務等に基づく雇用促進等のための措置、職業リハビリテーションの

障害者の雇用を促進するために昭和35年に制定された障害者雇用促進法。平成28年4月には新たに改正が行われています。改正の目的、法定雇用率も含めた改正点など、人事部として知っておきたいことをお

厚生労働省に設置された労働政策審議会障害者雇用分科会では、2019年8月7日より、改正障害者雇用促進法施行に向けた検討が始まります。改正障害者雇用促進法は、正式名称を「障害者の雇用の促進等に関する法律の一部を改正する法律」といい、2019年6月14日に公布されました。

改正により、障害者の雇用の促進等に関する法律第49条第1項第1号の2において、特定短時間労働者を雇い入れ、又は雇用する事業主に対し特例給付金を支給することなどが決まっています(施行時期は、令和2年(2020年)4月1日)。

京都マイラーです。今日は、「改正障害者雇用促進法」の改正についてわかりやすく概要を説明したいと思います。人事・総務担当者の方は必見です!改正障害者雇用促進法について平成28年4月1日より施行(ただし、法定雇用率の見直しについては平成30年4

障害者差別解消法・改正障害者雇用促進法が本日施行!テレビ局は乙武さんの不倫騒動をほじくり返すばっかりで報道する気がないようなので、代わりに僕が法律のポイントを解説する

改正障害者雇用促進法のポイント. 改正障害者雇用促進法は、2013年6月19日に公布され、順次、障害者の権利に関する条約批准に向けた対応として「差別の禁止」や「合理的配慮の提供義務」等が施行され

ただし、事業主に対して「過重な負担」を及ぼすこととなる場合は、この限りではありません。(障害者雇用促進法第36条の2~36条の4) 改正障害者雇用促進法に基づく「障害者差別禁止指針」と「合理的配慮指針」について

改正雇用促進法. 雇用の分野では、障害者に対する差別が禁止され、合理的配慮の提供が義務となりました。 《障害者の雇用の促進に関する法律》を改正し、平成28年4月1日から施行。 ポイント1 雇用の分野での障害者差別を禁止

政府は19日、中央省庁での障害者雇用数の水増し問題を受けて議論してきた障害者雇用促進法の改正案を閣議決定した。国や自治体で算定が適切

精神障害者雇用義務化をご存知でしょうか?企業や行政機関の障害者雇用について、今までは身体障害者と知的障害者が雇用義務の対象とされていましたが、平成30年4月1日より精神障害者も加わりました。精神障害者雇用義務化について解説していきます。

障害者雇用促進法の改正に伴い、障害者雇用の義務がある企業等が増え、その中には「障害者雇用は初めて」という企業もあります。障害者雇用で失敗しないために、成功事例の見方、失敗事例に学ぶポイントや就労支援事業所との連携などについてまとめました。

これからより障害者を積極的に雇用促進を含めるために政府は改正障害者雇用促進法を平成28年に施工しました。 では改正障害者雇用促進法のとはどのようなものなのでしょうか? 改正障害者雇用促進法ポイント ①差別は禁止!

[PDF]

改正障害者雇用促進法のポイント ~4月1日までに何をしなければならないのか、メンタルヘルス休職者への対応に影響はあるか~ 【開催主旨】 障害者雇用促進法の改正により、平成28 年4 月から、全ての事業主に対して、障害を理由とする差別的取扱

[PDF]

る雇用障害者数(49 万5,795 人、前年比4.5%)、実雇 用率(1.97%、前年比0.05 ポイント上昇)がともに過 去最高を更新したことがわかりました。 今年4 月には「改正障害者雇用促進法」が施行され る予定となっており、障害者雇用に対する関心はます

障害者雇用率制度とは ※2021年4月より前に、さらに0.1%ずつの引き上げが予定されている。 障害者雇用促進法によって、民間企業、国、地方公共団体は、その「常時雇用している労働者数」の一定の割合(法定雇用率)に相当する人数以上の身体障害者、知的障害者、精神障害者を雇用する

以上、障害者差別解消法のポイントについて説明してきました。 なお、同時期に施行される障害者雇用促進法の改正内容については、以下の記事に書いていますのでよろしければ参考にしてくださいね。 改正障害者雇用促進法のポイント

Action(活動) 週刊 経団連タイムス 2016年7月7日 No.3277 これからの障害者雇用~改正のポイントと実務対応<第1回> -改正障害者雇用促進法の概要(改正のポイントと背景)/福島大学行政政策学類(法学専攻)准教授 長谷川珠子

厚生労働省 (障害者雇用促進法の改正の概要)より . 改正のポイント③ 法定雇用率の算定基礎の見直しについて (改正のポイント① 障害者に対する差別の禁止及び合理的配慮の提供義務についてはこちら)

障害者雇用とは「障害者の雇用の促進等に関する法律」に基づき、障害者の職業の安定を図るための制度です。精神障害も加わり、制度の充実が図られています。本稿では、障害者雇用とは何か、現状や雇用を促進するための支援制度と合わせて紹介します。

昨年12月12日、厚生労働省より「平成29年障害者雇用状況の集計結果」が発表され、民間企業における雇用障害者数(49万5,795人、前年比4.5%)、実雇用率(1.97%、前年比0.05ポイント上昇)がともに過去最高を更新したことがわかりました。 今年4月には「改正障害者雇用促進法」が施行される

※ 2018年4月に施行される、障害者の雇用の促進等に関する法律の一部改正。法定雇用率の引き上げや、精神障がい者を法定雇用の算出対象に追加することなどが主な変更点。 調査結果 概要 ★ 改正障害者雇用促進法の認知率、法定雇用率の引き上げは6割

改正障害者雇用促進法のうち、上記改正内容は2020年4月1日に施行されます。 今後、労働政策審議会障害者雇用分科会においては、中小企業の認定基準などについて具体的な検討を行っていく見通しで、厚生労働省令が2019年11月末ごろに公布される予定です。

改正障害者雇用促進法のポイント ・厚生労働省の行政機関への監督機能を強化。法定雇用率への不適切計上があった場合は勧告できる。 ・行政

平成28年4月より施行された障害者雇用促進法の主な改正点について解説します。 障害者に対する差別の禁止及び合理的配慮の提供義務についてのお話です。

法改正を活かせるかどうかは我々次第 1.改正内容の概要 害者雇用率制度:事業主は、 全労働者のうち一定率(法定雇用率)以上の身体障害者・知的障害者を雇用する義務があります。 この義務は「障害者の雇用の促進等に関する法律」で定められています。