裁判所法 – 裁判所法

概要
[PDF]

第四条(上級審の裁判の拘束力)上級審の裁判所の裁判における判断は、その事件に ついて下級審の裁判所を拘束する。 第五条(裁判官)最高裁判所の裁判官は、その長たる裁判官を最高裁判所長官とし、 その他の裁判官を最高裁判所判事とする。

e-Govサイトの全てのページを暗号化することに伴い、URLが「https」から始まる形に変更となりました。「https」から始まるURLへ変更してアクセスください。

裁判所法(さいばんしょほう、昭和22年4月16日法律第59号)は、最高裁判所及び下級裁判所の組織、裁判官その他の裁判所職員や司法修習生の任免、任命資格、裁判事務の取扱等を定めた日本の法律。 所管官庁は、法務省である。 最高裁判所は、日本国憲法が明定するが、下級裁判所としての各

種類: 憲法附属法、裁判法
第一編 総則

2 この法律の施行前に地方裁判所に訴えの提起があつた事件については、この法律による改正後の裁判所法第三十三条第一項第一号の規定にかかわらず、なお従前の例による。 附 則(昭和五七年八月二四日法律第八二号) (施行期日)

3 新裁判所法附則第四項に規定する日までに採用され、同日後も引き続き修習をする司法修習生の給与については、同日後においても、なお従前の例による。

裁判所法第3条第1項と関連する法律、判例の一覧を表示しています。条文:(裁判所の権限)裁判所は、日本国憲法に特別の定のある場合を除いて一切の法律上の争訟を裁判し、その他法律において特に定める権限を有する。

新裁判所法附則第四項後段の規定により読み替えて適用する裁判所法第六十七条第二項の規定による給与については、裁判所法の一部を改正する法律附則第三項による改正前の裁判官の報酬等に関する法律第十四条ただし書に規定する給与の例による。

第十五条 (裁判所法の一部改正に伴う家庭裁判所調査官の事務等に関する経過措置)

1947年に公布された法律。憲法は最高裁判所のあらましとその下位に下級裁判所を設置することだけを定めているが,これをうけて裁判所法が各種裁判所の組織,権限などについてくわしい基本法的規定を明示している。 日本に権力分立の政体が確立して以来,裁判所について定める法制は1872年

1 「裁判所法第82条に基づき裁判所の事務の取扱方法に対して最高裁判所に申し出がなされた不服の処理状況」を以下のとおり掲載しています(不服の内容等は真っ黒です。)。 ① 平成27年6月9日から平成28年3月末日までの分 ・ 不服の総

このページ「裁判所法第26条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。

裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 最高裁判所 > 司法研修所 > 司法修習生の修習専念資金の貸与等について(第71期以降) > 裁判所法(平成29年法律第23号による改正後)

裁判所のウェブサイトでは、一部PDFを利用しています。PDFファイルをご覧頂くためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。ボタンをクリックし、Acrobat Readerをダウンロードして下さい。

イ 例えば,上告状についての印紙追貼命令およびこれに関連する措置等に対する救済は,民事訴訟法所定の不服申立方法によるべく,審級その他の定めから上訴による不服申立のみちのない場合においても,これに裁判所法82条に基づく司法行政監督上の措置を求めることはできません(最高裁

裁判所法4条では「上級審の裁判所の裁判における判断は、その事件について下級審裁判所を拘束する」とされているのに、その判決に当該事件を離れて他の事件に対しても判例としての権威が認められるのは、他の事件に対してもその判決がもつ価値体系

担当検察庁: 最高検察庁
[PDF]

第二条 地方裁判所は、次に掲げる事件については、次条の決定があった場合を除き、この法律の定めるところ により裁判員の参加する合議体が構成された後は、裁判所法第二十六条の規定にかかわらず、裁判員の参加す る合議体でこれを取り扱う。

裁判所法3条1項は、その他法律において特に定める権限」の行使が、民法766条家庭裁判所の権限が「その他法律において特に定める権限」とみなされるのはなぜでしょうか。なんか条文すら読んでないとしか思えないあ がいるな。知りもしない

裁判所法(さいばんしょほう、昭和22年4月16日法律第59号、日本法院法)為決定日本最高裁判所以及下級裁判所之組織構成、裁判官及其他裁判所職員以及司法修習生的任免、任命資格、裁判事務處理等之事宜的法律。 最高裁判所是日本憲法所明確界定,下級裁判所等之各裁判所的構成均由本法所

效力: 現行法

a社との間で基本契約書等の契約書面が取り交わされており、その中で管轄裁判所の合意がなされている場合は、合意に係る裁判所に訴えを提起することができます。かかる管轄の合意がない場合、まずはa社の本社の所在地であるx県の裁判所に管轄権が認められますが、売買代金の

裁判所法44条1項2~5号により、判事補、検察官、弁護士、裁判所調査官、司法研修所教官、裁判所職員総合研修所教官、法務事務官、法務教官、大学院のある大学の法律学の教授・助教授のいずれかの職に、合算して3年以上在職経験のある者

1 平成10年の裁判所法改正に至るまでの経緯 (1) 法曹養成制度等改革協議会は,平成7年11月13日付の意見書において,以下の提言を行いました。 ① 司法の機能を充実し国民の法的ニーズに応えるため,中期

2 平成10年の裁判所法改正の内容 裁判所法の一部を改正する法律(平成10年5月6日法律第50号)による改正後の裁判所法67条2項は,「司法修習生は、その修習期間中、国庫から一定額の給与を受ける。ただし、修習のため通常必要な期間として最高裁判所が

裁判所法 裁判所法の概要 ナビゲーションに移動検索に移動この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家

種類: 憲法附属法、裁判法

高等裁判所は,内乱罪に当たる事件について第一審の管轄権を有します(裁判所法第16条第4号)。 以上のとおり,選択刑として罰金が定められている罪と常習賭博罪等の一定の罪の事件については,簡易裁判所と地方裁判所が競合して事物管轄を有すること

第七条 最高裁判所(さいこうさいばんしょ) : Supreme Court 最高裁判所 は、左の事 項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項 項 について 裁判権(さいばんけん) :

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – 簡易裁判所の用語解説 – 下級裁判所のうち最下級のもので,少額,軽微な事件に関する第1審の裁判権のほか,法律で特に定める権限を有する (裁判所法 33,34) 。民事については,訴訟の目的の価額が 90万円をこえない請求,刑事については罰金以下の刑

(対象事件及び合議体の構成) 第二条 地方裁判所は、次に掲げる事件については、次条の決定があった場合を除き、この法律の定めると ころにより裁判員の参加する合議体が構成された後は、裁判所法第二十六条の規定にかかわらず、裁判員 の参加する

Feb 07, 2017 · 上級審の裁判所の裁判における判断について →下級審の裁判所を拘束する ※裁判所法4条. う 事実上の拘束力. 一般的な法令の解釈・適用(後記※1)について 裁判所は最高裁判所の判例に大きく影響を受ける

トップページ > 所管法令等 > 国会提出法案など > 国会提出主要法案第193回国会(常会) > 裁判所法の一部を改正する法律案

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – 簡易裁判所の用語解説 – 下級裁判所のうち最下級のもので,少額,軽微な事件に関する第1審の裁判権のほか,法律で特に定める権限を有する (裁判所法 33,34) 。民事については,訴訟の目的の価額が 90万円をこえない請求,刑事については罰金以下の刑

裁判所法第31条の3第1項と関連する法律、判例の一覧を表示しています。条文:(裁判権その他の権限)家庭裁判所は、次の

1.1 裁判所の意義 裁判所は、司法権が帰属する国家機関である(憲法76条)。 司法権の内容は、「法律上の争訟を裁判」する権限であり(裁判所法3条)、この権限は裁判権と呼ばれる[]。裁判所は、民事訴訟法との関係では、民事訴訟事件について裁判権を行使する国家機関である。

上級審の裁判所の裁判における判断について →下級審の裁判所を拘束する ※裁判所法4条. う 事実上の拘束力. 一般的な法令の解釈・適用(後記※1)について 裁判所は最高裁判所の判例に大きく影響を受ける

地方裁判所と家庭裁判所は,原則として単独体であり,特別の場合,3人の合議体で裁判することになります(裁判所法第26条)。簡易裁判所は,常に単独体になります(裁判所法第35条)。

第二条 地方裁判所は、次に掲げる事件については、次条又は第三条の二の決定があった場合を除き、この法律の定めるところにより裁判員の参加する合議体が構成された後は、裁判所法第二十六条の規定にかかわらず、裁判員の参加する合議体でこれを

【弁護士ドットコム】裁判官に対する政治活動の制限は、裁判所法52条で規定されているが、 裁判官と一般職の公務員を同じに考えてよいの

裁判権. 高等裁判所は、以下の事項について裁判権を有する。 裁判所法第16条各号で規定されるもの 地方裁判所の第一審 判決、家庭裁判所の判決及び簡易裁判所の刑事に関する判決に対する控訴; 地方裁判所及び家庭裁判所の決定及び命令に対する抗告並びに簡易裁判所の刑事に関する決定及び

(対象事件及び合議体の構成) 第二条 地方裁判所は、次に掲げる事件については、次条の決定があった場合を除き、この法律の定めると ころにより裁判員の参加する合議体が構成された後は、裁判所法第二十六条の規定にかかわらず、裁判員 の参加する

裁判所法(さいばんしょほう、昭和22年4月16日法律第59号、日本法院法)為決定日本最高裁判所以及下級裁判所之組織構成、裁判官及其他裁判所職員以及司法修習生的任免、任命資格、裁判事務處理等之事宜的法律。 最高裁判所是日本憲法所明確界定,下級裁判所等之各裁判所的構成均由本法所

裁判所法49条も,裁判官が上記の義務を負っていることを踏まえて,「品位を 辱める行状」を懲戒事由として定めたものと解されるから,同条にいう「品位を辱 める行状」とは,職務上の行為であると,純然たる私的行為であるとを問わず,およそ裁判官に

名古屋家裁の男性判事(55)が昨年、「反天皇制」をうたう団体の集会に複数回参加し、譲位や皇室行事に批判的な言動を繰り返していたことが12

3 裁判所法施行の際現に裁判所構成法による地方裁判所(以下旧地方裁判所という。)又は区裁判所の裁判官の職に在る者は、判事としてそれぞれ当該旧地方裁判所又は区裁判所の所在地を管轄する地方裁判所の判事に補せられたものとみなす。

裁判官のありかたで、どうもしっくりいかない判例。この程度でも、懲戒処分を受けねばならないのだろうか。この発言、問題ありか?「当初、この集会において、盗聴法と令状主義というテーマのシンポジウムにパネリストとして参加する予定であったが、事前に所長から集会に参加すれば

「管轄(かんかつ)」という言葉をご存知でしょうか?管轄裁判所は、その事件について、取り扱うことができる裁判所のことです。調停・審判・訴訟などの裁判所で行われる手続きには、すべて「管轄裁判所」が法律で決まっています。どこの裁判所に申立書・訴状を出したらいいのか。

裁判官に禁止されているのは、裁判所法49条の懲戒事由という本来当たり前のことと、同法52条の政治運動、他の職務に従事すること及び商業等金銭上の利益を目的とする業務を行うことくらいである。

[PDF]

られているため、司法書士の裁判上の代理権の範囲についての解釈に大き な争いはない。 これに対し、裁判外の和解等に関する7号の規定は、「紛争の目的の価 額」が「裁判所法第33条第1項第1号に定める額」(140万円)を超えな

東京高裁野山宏、宮坂昌利、大塚博喜による無茶苦茶な違法判決に対する訴訟は、東京高裁・最高裁で認められるわけがありません。 インチキな裁判が行われたことに対してエムは、裁判所法82条の不服申立てと、裁判官人事評価情報提供を行いました。

裁判所法第23条 各地方裁判所は、相応な員数の判事及び判事補でこれを構成する。 裁判所法第26条 第1項:地方裁判所は、第二項に規定する場合を除いて、一人の裁判官でその事件を取り扱う。 第3項:前項の合議体の裁判官の員数は、三人とし、そのうち一人を裁判長とする。

スポンサードリンク ・行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法 ・行政書士受験生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本 憲法判例 板曼荼羅(いたまんだら)事件の概要と判決の趣旨をわか

スポンサードリンク 【判例】裁判所法3条1項にいう法律上の争訟 (平成3年4月19日最高裁)裁判所法3条1項にいう法律上の争訟 (平成3年4月19日最高裁) 事件番号 平成2(行ツ)192 最高裁判所の見・・・

日本の裁判所について..①第一審は簡易裁判所、地方裁判所、簡易裁判所のいずれかで行われますがこれはどうの様に担当する裁判所を振り分けるのでしょうか? ②ある刑事事件が第一審が簡易裁判所で行われ、これが控訴された場合第

当該裁判官を戒告することが相当であるとしました。 また、 裁判官が積極的に政治運動をすることを禁止する. 裁判所法52条1号の規定は、 憲法21条1項に違反しない としました。 全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ) ・ 憲法の解説コーナー

ちょっと変更しました。 板まんだら事件 裁判所がその固有の権原に基づいて審判することのできる対象は、裁判所法3条にいう「法律上の争訟」、すなわち当事者間の具体的な権利義務ないし法律関係の存否に関する紛争であって、かつ、それが法令の適用により終局的に解決することができる

じゃあ、どこが地方裁判所を監督してるのかというと、 それは「最高裁判所」よ。 下級裁判所裁判官を指名する権限(憲法80条1項)、最高裁判所の職員並びに下級裁判所及びその職員を監督する権限を持つ(裁判所法80条1号)。 (Wikipediaより)

訴訟:平成16年4月1日から、第一審においては、訴額140万円以下は簡易裁判所、140万円を超えると地方裁判所の管轄になりました(裁判所法33条1項1号、24条1号)。 訴状貼付の印紙について質問 h15.12.8、訴額1,067,000円で訴訟を提起致しました(本人訴訟)。

裁判所法施行の際現に裁判所構成法による地方裁判所(以下旧地方裁判所という。)又は区裁判所の裁判官の職に在る者は、判事としてそれぞれ当該旧地方裁判所又は区裁判所の所在地を管轄する地方裁判所の判事に補せられたものとみなす。

裁判所法第48条 裁判官は、公の弾劾又は国民の審査に関する法律による場合及び別に法律で定めるところにより心身の故障のために職務を執ることができないと裁判された場合を除いては、その意思に反して、免官、転官、転所、職務の停止又は報酬の減額

第二に、あまり気にする必要はありませんが、事物管轄 (裁判所法33条1項1号参照) についても合意によって定めることができます。つまり、地方裁判所か、簡易裁判所か、という点です。