高齢者 医療 確保 法律 55条の2 改正 住所地特例 – 平成30年2月市議会教育厚生委員会資料

被保険者の住所地特例. に住所を変更したと認められる被保険者であつて、当該病院等に入院等をした際他の後期高齢者医療広域連合(当該病院等が所在する後期高齢者医療広域連合以外の後期高齢者医療広域連合をいう。 高齢者の医療の確保に

高齢者の医療の確保に関する法律第55条第1項と関連する法律、判例の一覧を表示しています。条文:次の各号に掲げる入院、入所又は入居(以下この条において「入院等」という。)をしたことにより、当該各号に規定する病院、診療所又は施設(以下この条において「病院等」という。

[PDF]

18条第2項に規定する共同生活援助又は共同生活介護を行う共同生活住居への入居. 入所又は入院中の被保険者の特例(住所地特例)について. 本来、国民健康保険又は後期高齢者医療の適用は住所地で行われるため、特別養護老人ホームや障害者施設などの社

[PDF]

ハ健康保険法等の一部を改正する法律(平成25年法律第26号)附則第2条に規定する所要の措置 ※附則第2条は、協会けんぽ国庫補助率について、「高齢者医療に要する費用負担の在り方についての検討状況等を勘案し、平成26

[PDF]

規制改革事項 医療保険・介護保険の住所地特例の対象拡大 提案者 秋田県、高知県 制度の所管・関係府省庁 厚生労働省 関係法令 高齢者の医療の確保に関する法律第55条、介護保 険法第13条、国民健康保険法第116条の2 提案内容

国民健康保険法第116条の2の規定により住所地特例の適用を受けて従前の住所地の市町村の国民健康保険被保険者とされている者が75歳到達等により後期高齢者医療に加入した場合には、特例を引き継ぎ、従前の住所地の後期高齢者医療広域連合の被保険者と

健保組合: 3兆5254億円 (008.4%)
令和元年8月から被保険者証が切り替わります。
[PDF]

高齢者の医療の確保に関する法律(昭和五十七年法律第八十号) 第四章 後期高齢者医療制度 特例被保険者とならない期間内にある者及び同法第百二十六条第三項の規定により当該日雇特例

[PDF]

1 改正の趣旨 高齢者の医療の確保に関する法律(昭和57年法律第80号。以下「法」とい います。)の一部改正により,住所地特例の規定が見直されることに伴い,所要 の規定の整備をするものです。 【参考】住所地特例について

国保制度改革の概略
[PDF]

高齢者の医療の確保に関する法律施行令 (平成十九年十月十九日政令第三百十八号) 最終改正:平成二一年四月三〇日政令第一三五号 内閣は、健康保険法 等の一部を改正する法律(平成十八年法律第八十三

住所地特例(じゅうしょちとくれい)とは、社会保険制度において、被保険者が住所地以外の市区町村に所在する介護保険施設等に入所又は入居をすることで施設等の所在市町村に住所を変更した場合、住所を移す前の市区町村が引き続き保険者となる特例措置である。

[PDF]

議案第37号資料|健康推進部国民健康保険課 1 事業名 所沢市後期高齢者医療に関する条例の一部改正 2 事業の概要 高齢者の医療の確保に関する法律の一部改eに伴い、後期高齢者の医療 制度加入時における住所地特例の取扱いが変更されることから、保険料を

高齢者の医療の確保に関する法律第50条第1項と関連する法律、判例の一覧を表示しています。条文:次の各号のいずれかに該当する者は、後期高齢者医療広域連合が行う後期高齢者医療の被保険者とする。

[PDF]

による高齢者の医療の確保に関する法律の一部改正に伴い,本市の国民健康保険の住 る被保険者(次条第1項の規定により同項に規定する従前住所地後期高齢者医療. (国民健康保険法第116条の2の規定の適用を受ける者の特例) 第55条の2 国民健康保険

[PDF]

る法律(昭和57年法律第80号)第55条の2の規定が新設されます。 継ぎ、従前の住所地の後期高齢者医療広域連合の被保険者となることとなります。 保住所地特例者一覧を紙又はcsvファイル等で送付

後期高齢者医療制度では、広域連合が運営主体となっており、施設への入所等のため広域連合をまたぐ住所の移動があった場合には、前住所の広域連合が引き続き保険者となる住所地特例制度がある(「高齢者の医療の確保に関する法律」第55条1項5号)。

[PDF]

後期高齢者医療住所地特例の適用(変更・終了)に関する届出書 東京都後期高齢者医療広域連合長あて 次のとおり、高齢者の医療の確保に関する法律第55条住所地特例の(適用・変更・終了)について届 出をいたします。 届 出 日 22.9.1

高齢者の医療の確保に関する法律(以下「法」という。)第18条第1項に規定する政令で定める生活習慣病は、高血圧症、脂質異常症、糖尿病その他の生活習慣病であって、内臓脂肪(腹腔内の腸間膜、大網等に存在する脂肪細胞内に貯蔵された脂肪をいう。 。)の蓄積に起因するものと

[PDF]

高齢者の医療の確保に関する法律 . 条の2第2項に規定する医療提供施設の開設者及び管理者は、前3条に規定する各般の措置、施策及び事業 第3条第2項の規定による日雇特例被保険者を除く。 2.船員保険法の規定による被保険者 .

「持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律」(平成27年法律第31号)が平成30年4月1日から施行され、「高齢者の医療の確保に関する法律」(昭和57年法律第80号)第55条の2の規定が新設されます。

高齢者医療確保法(正名称 高齢者の医療の確保に関する法律)とは、かつては「老人保健法」として制定されていましたが、法改正により平成20(2008)年4月1日に現在の高齢者の医療の確保に関する法律となりました。今回はその高齢者医療確保法についてご紹介したいと思います。

[PDF]

法律第112 号)に基づく措置として、持続可能な医療保険制度を構築するため、医療保険 制度の財政基盤の安定化、医療保険の保険料に係る国民負担に関する公平の確保、医療保 険の保険給付の対象となる療養の範囲の適正化等の措置を講ずるほか、患者の

「持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律」(平成27年法律第31号)が平成30年4月1日から施行され、「高齢者の医療の確保に関する法律」(昭和57年法律第80号)第55条の2の規定が新設されます。

高齢者の医療の確保に関する法律施行令第16条の2第4項に規定する者であって、基準日において被保険者である者にあっては次の各号に掲げる当該者の、基準日において被保険者の被扶養者である者にあっては次の各号に掲げる当該被保険者

(高齢者の医療の確保に関する法律第55条の2、八尾市後期高齢者医療に関する条例第3条) 注1 障害認定により後期高齢者医療制度の被保険者となった65歳から74歳の方については、市町村担当窓口に撤回届を提出することで、撤回することが可能です。その

[PDF]

保険者(市町村国保の被保険者)若しくは高齢者の医療の確保に関する法律(昭和 57年法律第80号)の被保険者又は平成28年熊本地震に係る災害救助法の適用市 町村に住所を有する健康保険法(大正11年法律第70号)若しくは船員保険法(昭和

[PDF]

2 2.高齢者医療における後期高齢者支援金の全面総報酬割の導入 被用者保険者の後期高齢者支援金について、より負担能力に応じた負担とし、 制度の持続可能性を確保する観点から、総報酬割部分(現行制

2.サービス付き高齢者向け住宅に対する住所地特例について における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律(平成26年法律第83 号)第5条による介護保険法(平成9年法律第123 号)第13 条の改正 に

[PDF]

高齢者の医療の確保に関する法律第55条の2 住所地特例により長崎県外に居住する長崎市国保の被保険者が75 歳到達等で後期高齢者医療制度の被保険者になる時に、住所地特 例により長崎県後期高齢者医療広域連合の被保険者として引き継

[PDF]

第55条第2項第1号」の次に「(法第55条の2第2項において準用する場合を含む。 高齢者の医療の確保に関する法律の改正に伴い、所要の改正を行うこととした。 該住所地特例の適用を引き継ぎ、従前の住所地の後期高齢者医療広域連合の被保

東京都福祉保健局 高齢者 介護保険制度においては、65歳以上の者及び40歳以上65歳未満の医療保険加入者は、住所地の区市町村が実施する介護保険の被保険者となるのが原則ですが、住所地特例対象施設 (※2

§2 高齢者医療確保法の体系 第2款 目的等(第1条、第2条) §1 目的(第1条) §2 基本的理念(第2条) 第3款 国、地方公共団体、保険者等の責務(第3条~第6条) 第4款 定義(第7条) 第2節 医療費適正化の推進(第8条以下)

[PDF]

高齢者の医療の確保に関する法律(昭和57年法律第80号)の一部 改正により、後期高齢者医療制度加入時の住所地特例の取扱いが見直さ れたことに伴い、青梅市(以下「市」という。)が保険料を徴収すべき 被保険者の範囲を改めようとするものである。

地 域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する. 法律(平成26年法律第83号)第5条に基づく介護保険法(平成9年法律第123号) 第13条の改正により、平成27年4月1日から、サービス付き高齢者向け住宅である有 料老人ホームについても、住所地特例の対象と

[PDF]

Apr 18, 2018 · 確保に関する法律の一部改正により、国民健康保険法第116条の2の規定 により住所地特例の適用を受けて従前の住所地の市町村の被保険者とされて いる者が、75歳到達等により後期高齢者医療に加入した場合には、特例を 引き継ぎ、従前の住所地の後期

[PDF]

律が施行され、 高齢者の医療確保に関する法律の住所地特例に関する規定が新設さ 第55条第2項第1号」の次に「(法第55条の2第2項において準用する場合を含む。 継ぎ、従前の住所地の後期高齢者医療広域連合の被保険者となるもの。

健康保険法と同様の改正 基礎知識と過去問学習はこちらを 年間の高額療養費の支給要件及び支給額(施行令14条の2抜粋)(h29.08.0新規) 「高額療養費は、基準日(7月31日)において当該後期高齢者医療広域連合の被保険者で、一般所得区分に該当する者は、計算期間(前年8月1日から当年7月31日)までに

(高齢者の医療の確保に関する法律第55条の2、八尾市後期高齢者医療に関する条例第3条) 注1 障害認定により後期高齢者医療制度の被保険者となった65歳から74歳の方については、市町村担当窓口に撤回届を提出することで、撤回することが可能です。その

高齢者の医療の確保に関する法律 第55条の2 国民健康保険法第百十六条の二第一項及び第二項の規定の適用を受ける国民健康保険の被保険者であつて、これらの規定により住所を有するものとみなされた市町村(以下この項において「従前住所地市町村」と

平成30年1月31日に、次の改正内容の「高齢者の医療の確保に関する法律施行令の一部を改正する政令」が公布され、同年4月1日から施行することとされました。 <改正内容> ①後期高齢者医療の保険料の賦課限度額を57万円から62万円に引き上げる。

[PDF]

2 主な改正内容 ⑴ 高齢者の医療の確保に関する法律第55条の2が追加されることにより、墨田区 後期高齢者医療に関する条例第3条 (保険料を徴収すべき被保険者) 第5号を新設 する。(詳細は裏面参照) ⑵ 付則の削除について 付則第2条及び第3条を削り、現行の

住所地特例対象有料老人ホーム一覧表. 地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律(平成26年法律第83号)第5条による介護保険法(平成9年法律第123号)第13条の改正により、平成27年4月1日から、高齢者の居住の安定確保に関する法律(平成13年

[PDF]

)並びに高齢者の医療の確保に関する法律第55条及び第55条の 2に規定する住所地特例の取扱いに準じ、病院・社会福祉施設等に入所等する前の居住地が青森県 に属しない市区町村である者を除く。 (1) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項の

今回の改正は、ページ下段の説明欄にありますように、平成30年度からの国民健康保険制度広域化に伴い、関連法令である高齢者の医療の確保に関する法律第55条の2の規定が新設され、後期高齢者の住所地特例対象者等に関する規定が変更となりました。

[PDF]

で、高齢者の医療の確保に関する法律第55条の2の規定により住所地特例の適 用が継続されたものを加える。 (2) 前橋市福祉医療費の支給に関する条例 (1)によって本市が後期高齢者医療保険料を徴収すべき被保険者に加える者の

[PDF]

(提案理由) 高齢者の医療の確保に関する法律(昭和57年法律第80号)の改正により、住所地特例 の国民健康保険の被保険者が75歳到達等により後期高齢者医療保険に加入した場合、住

[PDF]

後期高齢者医療制度では、広域連合が運営主体となっており、施 設への入所等のため広域連合をまたぐ住所の移動があった場合には、 前住所の広域連合が引き続き保険者となる住所地特例制度がある (「高齢者の医療の確保に関する法律」第55条1項5号)。

[PDF]

【高齢者の医療の確保に関する法律施行令第18条の改正に伴うもの】 〔国保住所地特例者の資格取得に伴う住所地特例適用の引継ぎ〕 国民健康保険の住所地特例適用の者が、後期高齢者医療保険の被保 険者となる場合、平成30年度から住所地特例の適用を

[PDF]

(イ) 後期高齢者支援金等課税額の改正 被保険者均等割額 成金の支給対象者に高齢者の医療の確保に関する法律第55条の2 の規定による被保険者(国民健康保険法第116条の2の規定によ り住所地特例の適用を受けて従前の住所地の被保険者とされている

「持続可能な医療保障制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律」(平成27年法律第31号)が平成30年4月1日から施行され、「高齢者の医療の確保に関する法律」(昭和57年法律第80号)第55条の2の規定が新設されます。

高齢者の医療の確保に関する法律(昭和五十七年法律第八十号)の一部を次のように改正する。 第七十三条中「、この」を「この」に改め、「ついて」の下に「、健康保険法第七十六条の二の規定は第七十一条第一項の療養の給付に要する費用の額の算定に関する基準について、」を加える。

[PDF]

「高齢者の医療の確保に関する法律(昭和57年法律第80号)」(以下「法」という。)が改正さ れ、国民健康保険加入者で施設等に入所されている方が、後期高齢者医療制度に加入する場合は、 引き続き「住所地特例」の対象となりました。

[PDF]

成27年法律第31号)による高齢者の医療の確保に関する法律(昭和57年法律第80 号)の一部改正に伴い、国民健康保険の住所地特例者に対する後期高齢者医療制度の適用 る特定住所変更」を「法第55条第2項第2号に規定する特定住所変更」に改め、同条に

後期高齢者医療制度や介護保険制度などに関する市町指導・支援 「高齢者の医療の確保に関する法律(昭和57年法律第80号)」第9条第1項の規定に基づく広島県の医療費適正化計画については、こちらをご覧ください。 有料老人ホーム住所地特例対象施設

[PDF]

川崎市後期高齢者医療に関する条例 の一部を改正する条例 川崎市後期高齢者医療に関する条例( 平成20年川崎市条例第 12号)の一 部を次のように改正する。 第3条第2号中「第55条第1項」の次に「(法第55条の2第2項におい

[PDF]

後期高齢者医療保険料を徴収すべき被保険者に高齢者の医療の確保に関する法律第55条の2の規定に より住所地特例の適用が継続されたものを加えるというものでございます。 参考資料4ページをお願いします。 新旧対照表になります。

[PDF]

高齢者の医療の確保に関する法律等が一部改正され、現に国民健康保険の住 所地特例を受けている被保険者が、後期高齢者医療制度への加入時に、引き続 き病院等に入院し、その病院等に住所地を置いている場合、国民健康保険の保